スマホ決済の特集記事はこちら

リクルートカードの作り方!スマホ決済するならMasterCardがベストチョイス

リクルートカード作り方

今回は通常還元率1.2%の人気クレカ、リクルートカードの作り方を解説したいと思います。リクルートカードは還元率が高いだけでなく、入会手数料も年会費も無料なので、維持費0円で持てるのも大きなメリットです。

リクルートカードの維持費

リクルートカードの維持費を簡単に表にしてみました。

 料金  説 明
入会費  無料  入会にお金はかかりません。
発行手数料  無料  発行にお金はかかりません。
事務手続き  無料  事務手続きのお金もかかりません。
年会費  無料  永年無料。2年目以降も0円です。
解約手数料  無料  解約にもお金はかかりません。

編集長しきしま

クレカは競争が激しい世界なので、高還元率のカードの入れ替わりが激しいです。もっと良い条件のクレカが今後出てきた場合でも、リクルートカードなら安心して放置しておくことができますね。

リクルートカードの作り方

それでは、リクルートカードの作り方を詳しく説明していきます。

STEP.1
リクルートカード公式サイトへ

まずはリクルートカード公式サイトにアクセスして、「リクルートカードのお申込みはこちら」をクリックします。

STEP.2
「リクルートIDでログイン」OR「新規会員登録へ」

すでにリクルートIDを持っている人は「リクルートIDでログイン」を、そうでない人は「新規会員登録へ」をクリックしましょう。ほとんどの人がリクルートIDを持っていないと思うので、今回は「新規会員登録へ」をクリックして先に進みます。

STEP.3
メールアドレスの登録

メールアドレスを登録します。

STEP.4
メール受信箱を確認

登録したメールアドレス宛にリクルートからメールが届いているので、記載してあるURLをクリックします。

STEP.5
会員情報の入力

パスワードを決め、氏名や生年月日等を入力しましょう。自動ログインとメールマガジンはお好みでどちらでも大丈夫です。

STEP.6
会員情報の確認

登録した情報に誤りがなければ、「登録する」をクリックします。

STEP.7
カードの選択

MasterCard、JCB、Visaから選べますが、当サイトとしてはMasterCardをおすすめします。理由は後ほど解説します。

STEP.8
カードの種類を選択

別ウィンドウでMUFG三菱UFJニコスが開きますので、「一般」か「学生」を選んで「次へ」をクリックしましょう。

STEP.9
会員規約等の確認

「会員規約などの確認」と「WEB明細チェック利用規定の確認」の画面で、それぞれ「理解・同意する」をクリックします。

STEP.10
氏名等の入力

氏名等を入力しましょう。ショッピングの取引目的は、通常は「生計費決済」でOKです。事業用(仕事)で使う人は、別のものを選択してください。

STEP.11
お客様情報の入力②

「お客様情報の入力②」で勤め先等を入力します。

STEP.12
楽Payについて

楽Payはリボ払いのことです。リボ払いには手数料がかかるので、よくわからない人は「楽Payに登録しない」を選択しましょう。登録しなくてもリクルートカード自体の年会費は永年無料です。

STEP.13
支払い口座を設定

このまま支払い口座を設定した方が楽なので、「金融機関のページを表示」を選択しましょう。

STEP.14
支払い口座を登録する

三菱UFJニコスの画面が開くので、ここから口座を設定します。

STEP.15
「申込む」をクリック

選択した銀行が開くので、それぞれ設定したら、最後に確認画面が出るので「申込む」をクリックすればリクルートカードの発行手続きは完了です。

STEP.16
申し込み完了

あとは審査が終わるまで待ちましょう。審査結果は登録したメールアドレス宛に届きます。

リクルートカードはMasterCardがおすすめな理由

リクルートカードは次の3つから選ぶことができます。

  • MasterCard
  • Visa
  • JCB

当サイトでは、MasterCardをおすすめします。理由は、MasterCardが最も柔軟にスマホ決済に対応しているからです。

MasterCardなら

MasterCard

 Apple Pay: Kyash決済:

JCBは「Apple Pay」とKyashに非対応

例えば、MasterCardとVisaは「Apple Pay」に対応していますが、残念ながらJCBは非対応です。さらに、スマホ決済で人気のKyashも使えないので、リクルートカードとKyashの高還元率決済が使えません。

Visaは「Apple Pay」の機能が一部使えない

その点、MasterCardとVisaは「Apple Pay」にもKyashにも幅広く対応していますが、Visaの場合は、「Apple Pay」でのネット決済に一部対応していません。今後、スマホ決済を中心にショッピングをしたいと考えている方は、やはりMasterCardが最もベストな選択でしょう。

編集長しきしま

特にこだわりがないならリクルートカードはMasterCardでOKです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です